いのち・性の絵本 図書館プロジェクト


ご家庭で 親子で「性」について構えることなく、正しい情報を自然に話せる環境であってほしいと願ってやみません。

思春期になってから・・・ 必要になってから・・・

そう考える保護者の方は多いのですが、たぶんそんな時はきっと ただでさえ反抗期。

「親の言うことなんて聞いてはくれない」

「普通の話も聞いてもらえない状態だから、性の話なんて とてもできません」

そんな嘆きのご相談も 実はとても多いのです。


「性のお話」というと、どうしても大人は構えがちですが

小さい時から自分の誕生について話してもらう、ただそれだけのことで 子どもたちは自分の「いのち」を

きちんととらえていきます。


自分はどうやって生まれてきたのか

ただただ、その いのちの神秘を知りたい、そしてそのはじまりがどうであったのか

「なぜ、空は青いの?」それと同じように 不思議に思ったこと、疑問に思ったことを 聞きたい・知りたい

ただそれだけなのです。

だから「そんな性の話なんて、できません」ではなく、ぜひお子さんの不思議に 応えてあげてほしいのです。


それでも「上手く説明できる自信がない」という方には、絵本の力をかりる方法もあることをお知らせしています。


ただ、性に関する絵本は 町の小さな本屋さんでは なかなか売っていないのが現状です。

インターネットで検索すれば 本は買うことができますが、問題は 中身が見れないこと。

お子さんの発達年齢に合った内容のものをご家庭で取り入れていただくことは、とても大切なことなので

中身が見れないのは重大な問題です。


これまで講座を受けてくださった方には、講座の最後に絵本を見ていただく機会を設けておりましたが

もっとたくさんの人に 絵本の中身を気軽に見ていただける機会を作りたくて

『 いのち・性の絵本 ミニ図書館 』イベントを単独開催することにしました。


私 個人で所有している本ですので、1冊ずつしかありません。

なので「図書館」と言っても貸し出しすることはできませんし、僅かな数しかありませんが

自由に手にとって中身を見ていただきたいと思っています。


小さなお子さん向けの絵本から、中学生・高校生のお子さんが自分で読めるような本も何冊かあります。

親子で来ていただいたり、また子どもに関わるお仕事をされている先生方や、興味がある方でしたら どなたでも!

大人ひとりの参加でも、もちろん大歓迎です。


参加費は ドネーション制。

ご自分で金額を決めていただく、寄付制スタイルです。


いただいた参加費は、今後の図書館イベント開催時の会場費など 運営費として使わせていただきます。



* * * * * * *



自主開催イベントは基本、ドネーション(寄付)制とさせていただいておりますが

公立図書館・幼稚園・保育園・学校・地域グループなどへの出張依頼につきましては

『 お問い合わせフォーム 』より 一度ご連絡を お願いいたします。


☆ 武豊町立図書館『 本の森 ~ いのち・性の絵本 集めました ~ 』☆

 たくさんのご参加、ありがとうございました! 

次回イベント開催をお待ちください。